新卒エンジニアお仕事日記

一人称は俺だけど女です

土曜日の日記

・・・・・・・・ものすごく眠いのだが、眠れない。

これを書く前、部屋の電気をつけたまま布団につっぷした。

瞼を閉じても電気の光がチカチカと漏れ、それと同時に色々な考えが俺の頭に降ってくるのである。

そして結局俺は眠ることを諦め、この日記に向かうのである。

 

いよいよゴールデンウィークも終わりに差し掛かってきた。

 

漫画の方はというと、全然進んでいない。

これについて俺は「そろそろ(俺も)死ぬのか?ハハッ・・・・」と乾いた笑いを発するのみである。

何故漫画が進んでいないかというと、単純に人と会っていたり勉強をしていたり下剤で何も出来ずにいたりしていた時間が長かったためだ。

とりあえず来週の平日は漫画を描きたい。そして来週の土日は人に会わない。

人に会うとしたら平日の夜に会う。

 

また、平日の夜になるべく勉強せず済むよう、仕事に集中するようにする。

仕事であまり集中出来ていないとその分他の時間を使って同じようなことをするハメになってしまい、漫画を描く時間が無くなる。これは本当に時間の無駄以外の何物でもない。

 

今はまだ乾いた笑いで済んでいるが、これが続くとどうしようもない気持ちを抱えることは明確であり、既にその予兆はこの胸で感じ取っている。

 

 

~~~~

 

俺には声ではない声が聞こえる。何かが、俺を俺がやるべきことに誘導しているのを俺は感じている。

声ではない声は、俺に「会社はこの日記を読んでいないから、感じたことを書け」と言っている。

そうして俺はこれが会社に見られてないことを確信し、まるで居心地のよいベッドに横たわっているかのような気持ちでこれに向かうことが出来るのである。

 

この日記はなんのためにつけているのだろうか?

仕事をして生きていく上での、ありのままの絶望や希望を書いていき、それと同じように苦しんでいる人や、これから先壁にぶつかる人に読んでもうが為に書き始めたのだ。

それでいて監視を恐れるような気持ちで書いたら、その文章は死ぬ。

意味を持たない。

俺が書く文章は俺が務める役割を果たすべきだ。

 

だから、会社にバレたらどうしようとか、会社の人に読まれていないかとかを気にした途端この日記の価値は無くなり、俺は俺として生きることを辞め、ただ死んだように日々の単調なサイクルを繰り返すことに終始してしまうのである。

 

声ではない声は、こうも言う。

お前は生まれながらにして人よりも想像力を持ち、また賢い。そして男性的だ。だからお前の書く文章には力があるんだ、と・・・・・・。

俺はまったく自分を賢いとは思っていない。しかし、「それ」がいうには賢いらしい。

俺は賢いという意味を知らない。

俺にとっての「賢い」とは、たとえば数学やプログラミングが得意だったりすることだからだ。俺は自分が出来ないことを出来る人間を尊敬し、「頭が良い」と思う。

 

・・・・とにかく今日思ったのは。

世の中には様々な声がある。それは個々の人間のもつ性質や役割が違うことに起因する。人には人の考えがあるのだ。

 

しかし、様々な声を聞く上で、重要なのは自分の役割を果たすために必要な声を拾うということである。自分がやるべきことから遠ざからせる声というのも、生きている上でよく耳にするのがこの現実だ。

 

自分のやるべきことが正しくわかっていなかったり、自信が無かったりすると、従うべきでない声に従ってしまうことになる。

その場合その人間の生きる時間は理想のものからどんどん遠ざかるのである。

 

それに俺はまだ24年しか生きていないから、どの声を拾えばいいのかという判断に迷うことがある。

しかし、俺には俺を誘導する存在が確かにあるのだ。それを俺は知っている。

ただし、いつでもわかるわけではない。でも、たまに肝心な時に曇った俺の目にやるべきことを認識させる。

 

~~~

 

話は変わる。

 

今日はコンテンツという言葉について改めて考えた。

 

俺は面白いものが好きで、コンテンツ力にあふれたものが大好きだ。

しかし、それはそもそもなんなのだろうか。

 

俺が思うに「コンテンツ力」とは・・・・

 

コンテンツとなる存在が「自分は面白いことやってますよ!」などと売り出すのではなく、コンテンツを見る(受ける)相手が、どれだけその対象に興味を持ち、また、どれだけ自分の中で「なんだろう!?」「〇〇って一体なに!?」と想像力を膨らませながら、自分の頭の中で少しでも独自に「解」を探ろうとするその瞬間のこと。である。

 

 

この流れを踏んでいるとき、それは「コンテンツ力がある」といえる。

 

~~~

 

俺は今日空想した。

 

秋葉原のお兄さんが作っている学習サイトのこと。

(こんなことここに書いたら殺されるのかな・・・。)

じゃあ、某お兄さんが作っている学習サイトのこと。

 

俺はまだ全然ロクに見ていないからよく知らないのだが・・・

俺としては、ただ実直な解説に終わるだけではなく、あのお兄さんのセンスを活かした面白さも入れたら楽しいサイトになるんだろうなあ・・・って思いを巡らせていた。

 

学習サイト内でただ普通に解説をするということで終わるのではなく、

あのお兄さんならではのちょっとしたIT小ネタを入れたりとか、時に皮肉を交えた解説も書いたりして・・・・・・・

 

あの人は面白いんだから、ただ実直なサイトにするだけでなく、彼ならではの小ネタ要素を挟むって芸にチャレンジしてみてもいいんじゃないか。俺はそれが見たい。

 

 

・・・・・

・・・・・・・・・・・

 

 

というわけで、ゴールデンウィークで具体的になにをしていたかとかの詳細はまた後日書きます。

 

ああ、眠い・・・

ちゃんと眠れるだろうか・・・

羊でも数えるか・・・

なんて、それは流石にウソ。

 

 

 

土曜日の日記

俺は今日「折角の」休日だというのに、精神的なところのストレス負荷によりなにも出来ないで一人部屋で腐っている。

 

一応洗濯機は一度だけ動かしたが、まだ足りないし、そもそも部屋は散らかり放題だ。

畳まれていない服が沢山床に放っておかれ、漫画の類もいたるところに散らばっている。とにかく床に色々な物が散乱している。

 

いつもなら起きてスマホをしばらくいじって掃除して洗濯して漫画を描く・・・というように自分なりに有意義?に過ごすはずだが、今日はどれもしていない。

強いて言えば本当に洗濯を一度しただけ。

 

この汚い部屋で、だるさをずっと感じ続けている。

変な時間に寝て起きたので、余計そのだるさは僕の精神をむしばんでいく。

 

昼に、ようやく漫画を描こうとした。けれど、気が重かった。

描こうとすれば僕の腹の痛みは増すので、ペンを止めた。

漫画を描くのは俺の人生みたいなものだが「休みの日は〇ページ以上描くべきである」

みたいな目標値が追い詰める要素となっている。

 

まるで僕の腹は別のひとつの生き物のように、感情を持って痛みを発する。

 

この日記を読んでいる人ならわかるだろうけれど、

今日こんなに腐っている理由はもちろん「仕事」にある。

やる気が空回りして、プレッシャーが勝っている人間のつらい現状だ。

上司からの指摘や、こうなりたい自分みたいなのの間で揺れて、俺はこうなっている。

 

秋葉原のお兄さんも「いつか〇〇さん(僕)も酒を飲まないと(仕事などを)やってられないとか言い出すんだろうなあ」と言っていたが、彼としても僕がこんなにも早く自分を追い詰めるとは予想外だったかもしれない。

まあ俺は酒が好きじゃないし、酒に逃避するタイプでは無いから今もこのテーブルに酒は置かれていないが。

 

研修期間はラクだなんて、それは普遍的な意味を成さない言葉だ。

なにがどう辛いかは会社ごと、ひと一人ごとによって変わってくる。

 

俺は自分が自分で思っていた以上に変に真面目で、自分を追い詰める性質を持っていたようだ。

(知り合いからも予想より気に病むのが早いと言われた。ハハッ・・・。)

 

俺は仕事に「色をつけてしまう」

俺にとっての「仕事」も「酸素」みたいだったらいいのになあ。

 

俺が言いたいことはつまり・・・・・「酸素」って色が無いだろ?

まあ、本当はあるのかもしれないけれど。

まあ基本的に俺達からしてみれば酸素に色はついてないし、

「生きていく上で無くてはならないが、あって当たり前のもの。普段考えないもの」

だろ?

よっぽど変な環境下に置かれない限り、俺たちにとって酸素は必要不可欠だがいちいちどれくらいあるかとか気にしているものではない。

 

俺にとっての仕事も酸素になってほしい。

仕事は生きていく上で、必要不可欠だ。

俺なんて貧乏な家庭で育ったものだから親の資産なんてあてにならないし、

とにかく姉同様自分の力で頑張って働いていくことが求められる。

しかし俺は仕事に、暗く濁ってどんよりした不安の色をつけてしまう。

そういうものとして仕事見てしまう。悲観してしまう。

 

酸素みたいに、いちいち深く考えずにいれたらなあ。

ただ当たり前のように酸素を吸って生きていくように、

ただ当たり前のように自分のやれる範囲で努力をし、ふつうに、冷静に仕事と向き合えたらなあ。

 

それが出来ていないから、生き甲斐の漫画とも向き合え無いし部屋の掃除という当たり前のことさえ出来ず、アレルギーが発症して鼻の粘膜が腫れあがり鼻閉に困っているというのが今の俺なのだ。

 

クビが怖いとか言って、恐怖の色を「仕事」に塗りたぐるが。

そんなこと気にせず、ただ自然に起こる現実にただ身を任せていれば、なんにも色はつかないのだ。

 

・・・・

 

ぼんやり考えることがあった。

こういう時は普段よりさみしいし、人間を求める。

 

俺もいつか、俺にとって血の繋がった先代の人間がしてきたように、

(人生の間でずっと一緒にいたいと思える相手から)上に覆いかぶさられて、服を脱がしてもらうようなことってあるんだろうか。

 

俺は24になってもこんなだから今のところそういうのは無いんだが、

俺にも早くそういうことが訪れてその人間がつらいときに支えてくれたらいいなあと思うのだ。

 

やりたいことがある人間なのに、せっかくの休日を腐って過ごしていると、そういう逃避的な思考によく結びつく。

 

もし将来結婚が出来るとしたら、俺が辛いときに好きでいてくれる人でないと駄目だろうなと思う。それが出来ない男女関係は、今後のまだ短くも長い人生を考えた時、成立させなければいけないものが成立しなくなるだろう。

 

俺だっていつか、ずっと良いと思える相手から抱いてもらって、一緒に寝て、愛しい子どもが出来たらなあと思う。

 

でもそういう考えを一人クサりながら持ったとしても、「こんな風に仕事を頑張れない自分がそんなことを思ってもいいのだろうか」とか「今の自分が求めてしまってはいけないことだろう」と、自分を自分自身が非難してくる。

 

でもべつに、普通の望み、人間として当たり前の願望なんだから、別にそれぐらい許してくれ・・・・・・・・・。

ストレスに圧されている今の俺は、なにかあるたびに厳格な俺が顔を出して文句をつけ始めるが、

こんなことは「美味しいハンバーグが食べたい」くらいの、当たり前のことなのだ。

 

だから好きになんでも考えさせてくれ。

仕事のことも、もっと自然に受け止めさせてくれ。

 

明日はとりあえず友人とCakeをやる。

ケークなんて、なんて美味しそうな名前だろう。

俺が素直に覚えたかったもの。俺が素直に向き合いたかったもの。

一度色を塗ってしまったとしても、落とせる筈だ。

 

もしいい感じに進んだら、値段を気にせず美味しい飲み物をたらふく飲もう。

最近昼間は暑い。

どこか歩くのもいいかもしれない。

人間、やっぱり身体を動かさないと、心も固まっていくからなあ。

 

・・・・まあ、このへんにしておくか。

俺はもっと、自然に、気楽に向き合いたいよ。色々なことに。

 

じゃあ。

1日目

もう20時かよ・・・今日は絶対21時には寝たいのに・・・。

 

今日は初めての出社だった。行きの電車で考えた。

この業界は、将来一発当てたいくらいの気概が無いと、ついていけなくなるらしい。

僕は絶対に(リアルの知り合いに)誰にも言ってないけど、30代の内にやりたいことがある。それが何かは、秘密・・・。

僕は、今はまだ出来ないのにやりたいからって、夢や理想を語るのが大嫌いだから。

 

初めて会社入る日の空の写真撮ろうと思ったけど撮らなかった。

 

僕以外に同期は5人以上いた。僕以外みんなスーツだった。

従業員がほとんど皆私服なのに、なんでスーツをわざわざ着てくるんだろう。

よくわからないな、と思った。

僕は大学の時から変わらない恰好でいった。

 

寝不足のまま研修が始まった。寝てないから、一日中正直ずっとキツかった。

大学では眠かったら講義中居眠りできるけど、働いてるのでそういうわけにもいかない。

フレックス制が無いのが悔やまれる。

 

今日会った人は、みんな普通の人だった。

それは、一般的にはいい意味で。

 

でも、僕としてはもっとコンテンツ性が欲しいなって思った。

 

なんだろう。こういう「普通」の環境で、ずっとずっと毎日普通に働いて、子どもがいるわけでもないのに、自分の衣食住のために・・・。

ただなんとなく働いているだけでは、なんだかこの先が見えすぎているよなあと思う。

絶対に面白くないし、ただ食べてクソするだけの人生・・・って感じだ。

(子どもがいればなあと思う。自分のためだけに金稼ぐのなんて、なんで生まれてきたのか正直わからない)

 

でも仕事内容は普通に好きだから、ちゃんと技術を身につけようと思う。

最初はコンテンツ性欠乏症で苦しんでも、まずは技術を身につけよう。

 

ああ、クソつまんねえ・・・毎日こうなのかな・・・まあ、技術を身につけられると思えば・・・

クソつまんないから、明日か明後日は秋葉原寄ろうかな。

だって、毎日これだけじゃ絶対面白くないもん・・・。

 

僕は職場の上司たちを見たとき、「カッコイイ男の人がいるか」ではなく「面白い人いないかな~」って思った。

明日は面白い人に出会えるといいなあ。

もしくは普通の人の中に輝く何かを見つけられたらいいなあ。

 

帰りの電車はびっくりした。いかにもな満員電車。大混雑。

おっぱいが普通に人に当たるので「いくらブスで貧乳とはいえ、俺のおっぱいも安くなったなあ・・・」と悲しい気持ちになった。

 

ここ(この職場)でコンテンツを求めても無駄な気がする。

あと俺は、面白法人カヤックみたいな、「なんちゃってコンテンツ」には興味が無い。

だって、あれは普通より勉強が出来る普通の人間が、頑張って面白いのを演じてるだけなんだもん。くっさ。

僕が求めてるのはそういうのでも無いんだよな~。

 

スラスラわかるPHPを買った

スラスラわかるPHP

スラスラわかるPHP

 
 
4月から働くので、クビにならないようこれを買った。
 
キャバクラやガールズバーでの賃金でこういった物を買うというのは、感慨深いものがある。
 
「テキストなんて高いし、本当に出来る人はネット検索(サーフィン♪)で全て済まし、自分でやり遂げる」
 
そういう主張もあるだろう。
 
確かにそうだ。
 
でも僕は情報弱者なので、そういうことはしない。
 
 
・・・・
 
 
とりあえず↑のリンクはアフィリエイト的なやつだから、クリックしてくれるとありがたい。
 

お前らのさきたんだよ

こんちは。

 

2017年卒のさきたんです。

 

1992.11.26 生まれる

 

2017.3.22 大学の卒業式(24歳学生です、に終止符を)

 

2017.4.3~働く

 

という流れで生きています。

 

クビにならないようにここでは「知識の記帳」をしたいと思います。

 

いや、別にそんな意識高くないよ…

 

なんだかんだで結局、書きたいことを書くよ。

 

よ・ろ・し・く・ね♪