読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新卒エンジニアお仕事日記

一人称は俺だけど女です

5日目

あああ・・・仕事終わった後秋葉原に寄って、いつメンと交流を深め、さっき帰宅した。化粧を落としたところだ。

 

僕、今すごく眠いんです・・・しかも今日、結構早くから予定があります。

眠いです。でも、僕は「はてなを書くまで寝ない」と誓ったので、これが終わるまでまだ寝ません。

 

今日の仕事について・・・昨日物凄く暗い日記を書いていたけれど、今日は大丈夫でした。相変わらず寝不足な状態で出勤し、吊革につかまる腕に頭を預けながら電車に乗っていたので、まだ地獄みたいな一日になるのではないかととても不安だったけれど、今日は深刻なほど眠くならず、昨日より仕事が進んだ。(といってもまだ研修)

昨日、本来なら早く眠れた筈なのに、結局寝たのは日付が変わってからだったように感じる。

昼間死ぬほど眠かったとしても、実際夜になって「寝れる!」となると、なかなか寝付けず何時間も無駄に経過するのは、一体なぜなんだろう。

 

僕はいい加減に仕事をしたいとは思ってないし、どうせ働くのであれば早く技術を身に着けて、一人前に(?)なりたいと思う。

だから本当に早く生活リズムを整えたい。仕事に身体を慣らしたい。なるべく長い時間集中出来るようにしたい。

寝付けないので、市販の睡眠導入剤を使うことにした。昔、昼のバイトをしていたときによく使っていたものだ。(※スリーピン。僕にとってはよく効く)

まあ・・・あるいは、溜まっている鼻炎の薬を使うのもよいかもしれない。

 

日曜日、どう過ごすか迷う。漫画を描きたいのは山々だけれど、それは月曜日に繰り越し、あるいは余った時間で、かな・・・Webの勉強もしなくてはならないからなあ。

しかも、上司に日曜日やるって宣言していたし。

 

僕は今日の交流会で思ったことがある。世の中、自分のやりたいことを人に訴えていくタイプとそうでないタイプがいる。僕は結構後者だ。

僕は普段あっけらかんとしているし、人と会話するときは、相手が肩肘はらないように誘導するのが凄く好きで、自分の個人的なことを色々すぐに話すし、社会の序列的なものや暗黙のルールに縛られた相手の精神を開放するのが好きだ。

しかし、将来こうなりたいとか、具体的にこれをこうしてああいう風になれたらいいと考えている、とかは、基本的に人に話さない。

(聞かれても渋る)

僕にも夢とか目標は(どれも同じもので)いくつかあるのだけれど、基本的に誰にも話さない。まあ、漫画描いてることは全面に出してるけど・・・。それくらいか。

話さないのには、理由がある。僕のやりたいことっていうのは、確かに努力も必要だけれども、それ以上に生まれ持った資質(才能、かな?)がものをいうものだからだ。

だから頑張ってどうにかなるものでは無い。たぶん、できない人はずっとできない。

だから「こうしたい」と言ったところで基本的には周りが評価するので意味が無い。

あと、最初にも書いた通り、他人の夢や目標を聞くのは好きだが、自分のをペラペラ喋るのは物凄く嫌いなんだ。それが確実に達成出来るところまでの確信が無いと話さない。

たぶん僕は、周りから見たら、普段なんにも考えてないし、むしろちょっと痛い行動してるような人なんだろうなあと思う。

ちなみに、僕は普段なにを考えているか・・・他人の会話を分析しています。面白い会話をしていたら頭に記憶します。ただ当たり前のことしか喋っていなかった場合、ちょっとテンションが下がります。

そう、たったそのくらいです。

あまり難しいことは考えていません。

だって、僕に出来ることは限られているから。

 

昨日書き残したことがあった。

昨日、大学の先輩が仕事終わりに、僕に大戸屋をおごってくれた。

店にキラキラしたかわいい社会人の女性がいた。

僕が「あれはエンジニアじゃないよなあ」と言うと、先輩は「たしかに」と言った。

こういうやりとりが他にもあった。

 

帰りは道を走った。

僕は「新人はまず走れ!!!」と大声で言って、夜の道を走った。

とぼとぼ歩くスーツの人たちを、たくさん追い越した。

老人たちはいつもよりもっと遅く映った。

先輩は「よくそんな食べた後に走れるな」と言った。

先輩も僕の真似をして道を走った。僕をあっという間に追い越すので

「先輩~!僕まだ新人だからそんなに走れないですよ!」というと、

「ははは」と笑って返された。

 

久しぶりに走ったら、少しの距離で結構疲れた。

 

「まずいなあ、最近運動全然してないからなあ。デスクに座りっぱなしで・・・すぐ体力落ちるし、太りそうだなあ」と僕は心配した。

先輩は「そうやって徐々に身体がなまけるんだよ、ITやってると」と言うので、僕は

「いや、徐々にじゃなくて、すぐにだよ!」と返した。