読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新卒エンジニアお仕事日記

一人称は俺だけど女です

7日目

 今日こそ、本当の意味での「一週間目」である。

今はもう大丈夫だが、帰り際、会社のビルを出たところで

「死にたいなあ」とぼんやり思っていた。

 

そんな風になる原因は、やっぱり、しばらく漫画を描いていないからだし、

もっと職場の人とおしゃべりがしたいと思っているからだ。

 

漫画、会話、、、会話くらいだったらすぐにでもなんとかなるはずだ。

 

今日は新しいおじさん(髪があまり無い)が、たぶん派遣として、私がいるフロアにやってきた。

お昼は、おじさんたちがみんなで外食に行ったようだった。

それに気づいた時には後の祭り。僕もおじさん達とご飯食べて会話不足を埋めたかったのだけれど、すでに僕のデスクにはコンビニであってめてもらった弁当が置かれていた。

 

「いいなあ~、僕もおじさん達とごはん食べたかったなあ~。どこで食べてるんだろう~?」と、僕は隣の同期の女性(年上)に話しかけた。

 

それにしても、社会人というのは、時間が足りなさすぎる。

よく「社会人は忙しい」と聞いていたが、これはもう実際にこうやって体験しないとわからないのだなと思った。

 

なんだかんだで、会社を出て家に着くまでが1時間。もっとなんとかならないのだろうか。ダッシュ(死語?)で帰るとか?

そして色々やっているうちにあっという間に21時くらいになって・・・

漫画を描かず、明日に備えて早く寝てしまうのだ・・・。

 

まあ今日は流石にしょうがないとして、次まっすぐ帰ったら漫画を描きたいなあ。

今日はデスクトップの位置変えをしよう。

 

帰る前、上司から指摘を受けた。作業報告をもっと具体的に書けということだった。

言い方が普通より冷たい人だが、あれは理系あるあるな喋り方で、誰に対してもそうだし、普段は普通に会話したりするから、まったく気にすることではないのだ。

でも漫画が進まず、会話不足も深刻な今の僕にとっては、それは漠然とした「死にたい」という感情を大きくさせるだけの効力はあった。

 

上司はみんなまともだし、気にすることはないのに。

世の中には人格破壊を起こした、本当に頭がおかしく、周りを不幸にする上司もいるのだ。そういうのの下で働いている人よりかは、ぜんぜん恵まれているんだ。

(現時点では特に会社に不満は無い。会話不足を除けばだが。)

 

でもやっぱり漫画が描けないと、会話が少ないと、元気が出ない。

 

僕は普通より喋りたがりだと思う。人と関わることを凄く求めている。

明日はおじさん達と会話出来ますように。

そうしないと、さみしいし・・・・この日記のネタに困るもんねえ?

 

~今日の発見~

 

今日、トイレで「ビデ」を使ったら、温水がうねって動いていた。

へんな感じがして気持ち悪かった。誰がこんな機能を好き好んで使うのだろう?

と思った。

次は静止させて使おうと思った。

 

・・・ちなみに。

やっぱり僕は彼氏が欲しいと思う。結婚前提の。

いい感じにネタになってくれて、ちゃんと構ってくれる彼氏がいれば、

会話不足による精神不安が改善に向かうだろうし(逆に僕がメンヘラって悩むかもしれないが)それに・・・

僕には困ることがある。

僕に彼氏がいないからって、ベッドに押さえつけたり、胸を触ろうとするのは、意味がわからない・・・・・・・・・・。

それは僕にとっては本当に悪夢でしかない。(生きる気力が削がれる)

彼氏がいる人は、この手の災難に遭わないから、いいなあって本当に思う。

 

僕は24歳。処女じゃなくておかしくないらしい。

でも僕は実際、ちゃおを読んで楽しんでいるレベルだし、付き合っている人でないといちゃいちゃしたりしたくないし、結婚が決まってる人でないとセックスしたくない。

でも、世間は僕をそう見ない。

僕ぐらいの年齢になると、ちゃおは読まず、誰かからそうされる・・・のは、「普通」にあることだって、誰かが言っていた。

でも、僕の概念には無い。

 

僕は何かを求めるようにしてちゃおを読んでいる。