読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クビにならないための記帳

24歳にして社会人と成り

13日目

今日は13日目です。

 

今日もわりとギリギリに起床し、早くシャワーを済ませ、化粧を一切せず出勤しました。

前髪を切る時間と余裕が無かったので、前髪が目の中に入り、花粉のアレルギー症状をより酷くしていました。目の疲労もあるので、余計にです。

 

仕事終わりにはJINZ?PCのメガネを買いました。度はありません。3,000円で、茶色で、60%ブルーライトをカットするものです。

僕はこういうのをけっこう疑っているんですが、まあ実際試してみると、わりと効果があるような気がします。

 

今日の僕は、朝、ノースリーブで出勤しました。ブラジャーの線が見えているような気がしたけれど、僕のブラジャーは部屋着の延長線上みたいなものでちゃんとした下着では無いし、それにとても暑くてかなわなかったので、ノースリーブで会社に入りました。女性専用車両ですが、なんだかみんな僕を避けているような気がしました。みんな、厚手の長袖なんかをまだ着ていて、すごいです。

でも、外国人(白人)はみんな半袖やノースリーブでした。僕も外国人なのかもしれません。

しかも、僕、ズボンはクラッシュデニムでした。ダメージジーンズ、なんかじゃなくて、「クラッシュ」ジーンズです。穴が沢山あいています。

以前、「その恰好で(会社)行ったの?」と秋葉原のお兄さんに言われましたが、その日以上の衝撃が走ることでしょう。

僕の会社はスーツじゃなくてもよいのがお気に入りです。場所もすごく好きだし、おじさんたちも面白いし、上司も厳しいが優しいし気さくに話しかけてくれるし、同期の女性も僕が構って構ってと話しかけてもちゃんと対応してくれるし、社長はかなりの働き者で僕たちに仕事をくれるし、とりあえず現状では僕はこの会社をけっこう気に入っています。

どんな人間がいるかは入らないとわからないと思いますが、場所だけならすぐにわかるでしょう。

僕は場所って大事だと思います。勤務地は本当に大事だ。だって、毎日そこへ行くんですから。

僕は凄くお気に入りの場所に会社があるので、この会社にして凄く正解だなって思いました。

今のところある不満は「フレックスタイムが無いこと」です。まあ、それはしょうがないっちゃあしょうがないですね。

そんな感じで、今のところこの会社を気に入っています。

実際に開発を始めるようになって、案件が炎上しまくってしまったら、どうなるかはわかりません・・・・。まあ、どの会社も基本的には忙しいよね・・・。

でも、漫画がちゃんと描けるといいんですけど・・・。

 

今日は社長に言葉遣いを注意されました。僕がCakeの本をオフィスの男の人から貸していただいたので、「誰さんでしたっけ」と名前をきいたら、社長が僕に対して

「席順配ったんだからさ、それ見て名前覚えましょうよ。それと、その言葉遣いは社会人としてよくないですよ」みたいに注意しました。

(社長は、ザ!キビキビ働く人です。言いたいことは常にハッキリ示しています。外部の人に対してもです。すごくよく働いている人です。僕は(現時点では)結構社長に感謝しています。)

注意されて、僕は一瞬しゅんとなりました・・・でも、漫画でこれが描けるとなると、それも機会でしょう。

僕が注意されてるのを読めば、同じように何かで注意されたことのある読者が癒されるでしょうし。

 

僕は、社会人編を描くのであれば、素直だしちゃんと?いうこときくし、頑張って仕事覚えようとはするけれど、自分の精神や根っこの大事な部分や個性までは、「社会」に譲らない、真面目で頑張り屋だけどなんだかユルさもあるキャラクターとして自分を描こうと思います。

 

たしかに仕事を頑張ることは大事だけれど、僕はこの世の中、もっと「ユルさ」があってもいいと思うのです。みんな肩に力を入れ過ぎです。

(言葉遣いのことに対して言っているのではなく、もっと広い意味でいっています。)

僕が僕の社会人生活を描くとしたら、読者の肩の力を抜くことに注力します。

不真面目と、肩の力は全く別です。頑張らなきゃいけないところと、べつに頑張らなくていいところは、別です。

僕は社長から注意されたら素直に対応するし、素直に行動しますが、僕の個性が死ぬまでは社会に属すなんてことは無いことをここに誓います。

 

それにしても、社長はキャラ立ちしていてありがたいです。マンガの中で、僕がわりと自由で個性的で浮いているのに対し、しっかりしてキビキビして厳しい社長というのは、対比で各々が輝くからです。創作物のキャラクターが輝くのは、対比あってこそです。同じようなキャラクターは、創作物には必要無いのです。

 

ちなみに、僕はよく「アルフォート」を買って食べます。

アルフォートが好きな理由は色々あります。

まず、値段が高くない。そして、いっぱい入ってる。労働中、長時間僕の仕事を見ていてくれて、ちまこま食べられる。あと、色々な食べ方があります。上のチョコレート部分だけをまずかじってクッキー部分と分離させ各々の味を個別で楽しんだり、一口で食べたり、はみ出しているチョコレートの部分を最初に味わったり・・・。

そう、アルフォートの、余分に上のチョコレートがクッキーからはみ出しているの、好きなんです。人間の心理としては、なにかお得感がします。クッキーのサイズとチョコの部分のサイズを均等にするのとでは、なにか大きな違いを感じます。

僕はホワイトチョコのアルフォートが好きです。一日二箱食べるのですが、糖尿病などが心配なので、そろそろ考えなくてはならないと思います。会社にいくと、つい買って食べてしまうんです。駄目ですよね。

僕はよく仕事中お菓子をボリボリ食べます。これは、ピクスタで事務のバイトをしていたときについた習慣です。でも、僕の今の会社では、他のみんなはめったに仕事中食べ物を口の中に入れないので、僕もほんのちょっとは気にして食べています。

社長が席を外すと、ちょっとばかしお菓子の頻度が増えているかもしれません。

ここだけの話ですが。

でも、お菓子を食べているからといって、仕事に集中していないわけではありません。

むしろ、お菓子を食べながら画面に向かっているときのほうが、脳が働いてるし、けっこう能動的です。

 

ちなみに今日は何をやったかって?

今日は、僕はまずコマンドプロンプトに慣れるところから始めたり、環境変数のPathを操作したり色々していました。そしてようやくCakePHPに入り、最初のほうのさわりをやりました。明日はちゃんとチュートリアルをいいところまでやりたいです。

phpmyadminを使わず、コマンドプロンプトからやりましょうと上司に言われたので、慣れない黒い画面を使ったのです。

集中力が切れたタイミングで、なんとなく桃色の画面と灰色の文字に設定を変えたのですが、なぜか戻っていました。

早くちゃんとしたエンジニアになりたいなあって僕は毎日思います。

早く知識を身につけて、バリバリ開発出来るようになりたいって、素直に思います。

でも、あまりにも忙しすぎて、身体や心がおかしくなったりするとしたら、それはおそろしいし、あってはならないことだと思います。

でもとにかく今はそんなことよりも、早く自分で開発出来るようになりたいって思います。

毎日クビを恐れています・・・研修期間中に、開発に参加出来ずクビにされたらって、毎日怖いです・・・「あの人は無能だからもううちに置けない」って判断されるのがすごく怖いんです・・・。

そうならないよう、ちゃんと出来るようにならないと・・・。

 

それに今度、CakePHP、PHP、Js、CSS、HTMLで、ちゃんとデザインを拘ったブログページを作らないといけないんです・・・研修で。

僕はそれを聞いた途端、すっごく不安になりました。僕にそんなことが出来るのかなあって。下手なことして、クビになったらどうしようって・・・。

それにしても、この単語を並べると、本当にWeb系なんですね、僕って。

仕事で今後メインで使っていくのはPHPですが・・・・。

(まあ僕がRailsにあこがれを持っているのは置いといて・・・)

僕がWeb系にいったきかっけ、なんなんでしょう?

僕は就職活動を始めたばかりの頃、ゲームを作りたいと思っていて、ゲーム会社をのぞいてみたりしました。

でも、ゲーム会社にいったところで別に僕がつくりたいものをつくれるわけではないし、僕が入れそうなところはどこもブラックな感じがしたし、なにより、よくよく冷静に考えた結果、僕は漫画か描ければ、それでいい。作家活動が出来るなら、創作活動はそれだけでいい。別にゲームは今後つくらなくてもいいだろう、という結論に達したのです。

IT業界のことがよくわからないまま仕事を探し始めている時、秋葉原に行ったんです。そこのお兄さんが、僕にWeb系を進めてきました。

あまりにもWeb系を推してくるので、僕もいいなあとだんだん思ってきました。

僕がWeb系にいったのは、あのお兄さんのお陰です。

もしかしたらもっとつまらない事をしていたのかもしれません・・・。

Web系、結構アリだと僕は現時点では思っています。僕、30代のうちにやりたいことが実はあるんですが(最初の日記にも出てきた、秘密のこと)そのことを考えても、結構よい選択だと思うのです。

ちなみに僕がIT系への就職に拘った理由は、どうせ働くのであれば技術を身につけたかったのと、ITは専門性とコンテンツ性から、漫画や本などの創作物のテーマに非常にし易いからです。ITは皆にとって身近だけど、専門性があるのがよいです。僕が今世で生きている間はきっと永遠に続く題材ですし。ちなみに技術を身に着けたいというのは、毎日毎日ずっと同じことの繰り返しで終わる仕事を僕が今後やっていくとしたら正直ゾっとしてしまうのが本音ですし、あと僕は昔からパソコンなどに詳しい人に憧れているからです。カッコイイとは思いつつも、なかなかそうなれないでいるのです。

パソコンに関することを仕事にしてカッコイイ情報強者になりたかったのです・・・。

 

なれる・・・のかな?(汗)

僕が10年経っても、あのお兄さんみたく凄い人になってるでしょうか・・・

やっぱり彼は特別だから、そうなれないんでしょうか・・・どうなんでしょうか・・・

 

あ、もう結構こんなに書いていました。

昨日、書きたいことをろくに書かず、短めで終わってしまったので、後悔しました。

今日は後悔しないよう、書きたいことをちゃんと書こうとしたら、こんなに長くなりました。

明日も色々と、なにかと書きたいことが見つかるはずです。

 

では、僕はそろそろ寝ます・・・化粧をしていないと、そのまま寝れるので楽です・・・でも、頑張って歯は磨きます・・・底辺高校時代に、校長先生が、歯を磨けって言っていましたからね・・・(そのエピソードは漫画にもした)

 

それでは、みんな、おやすみです。