読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クビにならないための記帳

24歳にして社会人と成り

14日目

 今日は14日目です。

 

今日で正真正銘、二週間目ということです。

さて、僕はどこまで伸びたでしょうか。

・・・全く自信がありません。CakePHPチュートリアル、結局ろくに進んでないし・・・データベースエラーを出していて、SQL文に誤りがあるんですって・・・。

最後、上司にちょっと見てもらったんですけど、僕、エラー文の画面の見方をちゃんとわかっていませんでした。

そう、僕には色々なところで、エンジニアとしての才能、資質の無さを感じます。

たぶん、絵を描いたり漫画を描いたり文章を書いたりするほうが、向いている気はします(そのほうが、誰かが喜んでくれるということです)

でも、僕は決めたことは続ける性分ですので、エンジニアを辞めたいとか、諦めたいとか、別の仕事をしたいなあとか、そういうことにはなりません。

ただ、やっぱり、才能と資質の無さには毎日びっくりします。

僕の周りは圧倒的に情報系の仕事で生きている人が多いのですが、やっぱり彼等は資質があります。「向いている」のです。

でも僕は、向いていません・・・。向いていないことを仕事にするということは、どういうことなのだろうか?世の中に対する自分の自己満足になってしまうのだろうか?

・・・そんなことを考えてもマイナスにしかならないので、早く慣れたいです。

 

同期の女性に「僕、試用期間で、ここにはおいていけないって判断下されて、クビにならないか毎日不安ですよ~」と言ったら、彼女も「私も!」と言っていた。

彼女は大丈夫だと思う・・・でも、僕は・・・やっぱり不安だ。

クビになったら、どうするんだろう。絶対、人間を使い捨てにするような超絶ブラックな会社にしかいけないよね・・・だって、試用期間でクビになるような新卒なんですもん。

僕はそれが怖いし、純粋に早く仕事を覚えたいので、本当になんとかしたいです・・・。

 

今日、PHPの勉強会が何かコンパスであれば良かったんですけど、見当たらなかった気がします。今日か明日、PHPの勉強会があればなあ。とりあえず、クビは嫌なので。

 

ちなみに今日もお化粧はしませんでした。お化粧をしない日が続くと、肌の調子がよくなります。やっぱり、化粧は基本的には悪なんだなと思います。

まあ、落とし方とか、本人の肌質にも寄るんですが・・・僕はちゃんと落とせてないほうだと思うし、肌も弱いほうなので。

服は、Gジャンと、黒いミニスカートでした。パーカーも黒でした。中のロンTは灰色だったので、ブルーのGジャンを脱ぐと、なんだかお葬式みたいでした。

せっかく春なので、もっと明るい恰好をしてもよかったなあと思いました。

 

ちなみに、今日食べたアルフォートはひと箱だけです・・・(我慢したのです)

あと、ご飯ですが・・・来週からは、おにぎりを持参して食費を浮かせたいと思います。というか、あんなに食品添加物?とやらが大量についたコンビニ弁当ばかり食べていたら、確実によくないことになるでしょう。太りますしね。

 

今日、帰り際、先日僕と少しだけ話した男の人が、僕のほうを向いていました。

(例の、「お、俺!?」と言って、早口で仕事内容を教えてくれた人です)

僕は何かあるのかな?と思ったら・・・

「今日までなんです。お世話になりました」と言われました。

(この人は、他社から派遣で来ている人です)

僕は、(何かお世話したっけ・・・?社長や同じチームの人なら何かあっただろうけれど、僕、なにもお世話してないよ・・・)と思いました。

「社会人」になると、席が後ろ同士なだけで、「お世話になった」ということになるようです。今日、僕がPHP関連以外で学んだことです。

同期の女性が「(去るのが)早いですねー」というので、僕は「はやたんじゃーん」

と言いました。そこで、僕はとても焦りました。

(まずい!社長に「はやたんじゃーん」を聞かれたら、また社会人としての言葉遣いがなってないとかって、注意されるぞ!)ってね。

幸い?社長からはお咎め無しでした。

僕にとってそれは時に窮屈なので、「設定」を考えました。

 

・・・・

僕はお嬢様学校に通う生徒。学校は都会のとある場所!ここではお嬢様だから、言葉遣いは奇麗にしなくてはなりません・・・特に、厳しい先生がいらっしゃる前では、「よいとされる」喋り方をしなくてはなりません・・・でも、厳しい先生がいない時は・・・

 

こんな風に、空想の設定で遊ぶのです。

そう、僕はお嬢様学校で、情報系の勉強をしているの。最近、乙女の間ではPHPっていうのが流行っていていてね・・・?

・・・って感じで。

 

僕、これを書くちょっと前に、ちょっと怖い思いをしました。

雑に家のインターフォンが鳴りました。僕の家は不便なことに、訪問者の顔を見るモニターがありません。

僕は緊張しながら玄関のドアを開けました。すると、怪しいカンジのおじさんが立っていました。人間が本能的に警戒している時の顔を、相手は感じ取ったと思います。

おじさんの正体は、NHKの人でした。たぶん、集金かなにかでしょう。

僕が「うち、テレビ置いてないので・・・」と言うと、すぐに立ち去りました。

ちょっと怖かったです。

 

それでは、今日はこのへんにしておきます。

今日の仕事以外での目標は、ちゃんと洗濯をして、脱水2回して、ちゃんと干すことなんですが、これもデータベースを操作する並に難しいかもしれません。だって、早く寝たいんですもん。

 

それでは・・・みなさん、おやすみなさい。