読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新卒エンジニアお仕事日記

一人称は俺だけど女です

18日目

今日は18日目です。

 

今日はすっごくつらい気持ちです。

会社が終わった後、電車の中で涙が出てきました。

どうしたって僕はやっぱり資質が無いし、なかなか先に進めないんです。

「クビになるか不安です・・・」と同期の女性に言ったら、彼女は笑ってはいてくれましたが「大丈夫でしょ~」なんていう言葉が一つも無かったことに、僕の背筋が冷たくなります。

 

自学自習の研修スタイルなのですが本が欲しいです。

今はネット検索のみでCakePHPを理解しようとしているのですが、正直まだまだサッパリです。

僕は脳の構造がちょっとアレなんだろうか。

学習障害とまでは言わないにせよ、ほんの少しその毛があるんではないだろうか。

僕は仕事をする度自分の自信が無くなっていくし本当にだめだめだなあって思います。

 

帰りの電車では「試用期間 クビ」という言葉でグーグル検索をかけていた。

会社によっては10人の内2人も試用期間でクビにする会社もあるらしい。

ゾっとした。

帰りに大きな本屋に寄ってCakeの本を探したけれど良いのが無かった。

同期の女性は本をいくつか所有していて、僕に貸してくれることになった。

最近同期の女性が僕に心配の眼差しを向けることが何度かある。

優しさには感謝しているがやっぱり僕は「ヤバい」んだなあと思う。

 

まあ、冷静に考えて流石に簡単に試用期間にクビにするようなことはないだろうけれど・・・でも、残りの5月下旬までに、ある程度は下手なりでも技術の伸びとか理解とか、技術への向き合い方みたいなのを上司に見せることが出来なければ、雲行きは怪しくなるだろう。

「会社は長い目で見てくれているはずだ」という冷静な見解と「自分はエンジニアの資質が無いし無能だからクビになるだろう」という恐怖が両方僕の心の中にある。

 

社会人ってこんなに苦しいものだったのか。

僕、最近本当に髪の毛を心配している。

ストレスで毛が抜けてきたらどうしよう、って。

髪は女の命とかいうんですけれども・・・。

今のところ髪は大丈夫ですが、ストレスが多いので本当に不安です。

僕の主なストレスは「クビへの恐怖」です。

 

それにしても、今日はおひるごはん食べた後がすっごく眠かったです・・・。

昼休み、久しぶりに机につっぷしてしまいました。

前日もっと早く寝るべきだした。

(漫画とはてなに時間をかけた上、大好きなスクールデイズのアニメをたっぷり見てしまったんです・・・)

大学の先輩からさっき電話がかかってきて少しだけお喋りしたのですが、

やっぱり社会人にとって水曜というのは疲れが出てくるみたいです。

「今日は眠かったよ」というと「まあ水曜だからねー」と返されました。

 

僕の会社は結構「社会人として」というところに厳しいです・・・。

言葉遣いとか、立ち振る舞い、時間など、結構厳しいのです。

僕が初めて見た「ピクスタ」というITベンチャーとはかなり違うので驚いています。

 

今日は色々と恐怖な出来事がありました。

僕、今日初めて「面談」というものをしたのです。

社会人には定期的に「面談」というものがあるようです。

学生の時のそれはあまり気にならなかったですが、社会人の「面談」は僕にとってものすごく恐怖でした。

(30日前退職告知出されたらどうしよう・・・とか、考えました)

 

最初、同期の女性が上司に「面談しましょう」と呼ばれました。

僕はそれを聞いてなんのことかわからなかったので、

(そうか、彼女だけ何か来月からのプロジェクトに入ってくださいとか言われるのかな。僕だけは面談されず、クビになるのかな・・・ハハハ・・・クビになったら漫画のネタになるしいっか・・・なんて言えないよ・・・それは流石に無い・・・

ああああ・・・)

と考えていました。

 

・・・しばらくして彼女が戻ると、次は僕の番だったのです。

 

僕は社会人としての立ち振る舞いを知らないので、社長や取締役がいる会議室のドアをノックせず開けました。

すると、僕の上司が「ノック」と物凄く冷徹な顔で言いました。

僕は(やってしまった)と焦りました。

(僕以外に新卒がいない会社なのでマナー研修みたいなものはありません。みんなお兄さんお姉さんです。)

 

面談には主に2つの不安がありました。

クビにされるんじゃないかという不安と、「はてなブログ」のことを指摘されたらどうしようという恐怖です。

「〇〇さん、ブログやってるでしょ?」みたいなことを職場で言われたら、僕は戦慄します。

 

・・・幸い、はてなブログのことは言われませんでした。

 

ぼくは毎日このブログを書きながらも、バレないのではないかと出社する度に密かに不安がっています。

でもこれをやめたら僕が僕で無くなってしまいますので、しょうがなく続けています。

 

面談のはじめに

「一か月この会社で働いてみて、どうでしたか。率直な感想を聞かせてください」

と言われました。

 

僕は、こんな時なんて言ったらいいんだろう?と考えました。

だって、初めてなんですもん・・・(あれもこれも)

僕は、まだこの会社で頑張って働き続け、エンジニアとしての技術を磨いていきたいということを言いました。

すごく緊張して、うまくスムーズには言えなかったんですけど・・・。

(だってしょっぱなからノック無しを指摘されてますから・・・)

 

面談でわかったことが色々ありました。

まず、この会社は「ザ・日本企業」という感じだと改めて思いました。IT系といっても、イケイケなベンチャーみたいな雰囲気は皆無です。しいていえば、服装が自由で穴のあいたジーンズでも大丈夫なところくらいです。

 

言葉遣い、立ち振る舞いをもっと頑張りましょうと言われました。

「上司に対しての言葉遣いなどですけど、最初よりは良くなってきていますが・・・上司に対して「なんか」などという言葉を使うのはよくないですよ」と言われました。

僕の口癖は「なんか」みたいです。初めて知りました。

 

あと、4月の間は遅刻や欠勤が無いかや、人とちゃんと会話が出来るかなどを見ていたようですが、5月からは、下手なりでも技術の伸びや技術への向き合い方などを今まで以上に見られるとのこと。

僕はそれを聞いて、改めて本当に焦りました・・・。クビが恐ろしい・・・・・。

 

あと、これからは、会社の人間の一員として、他の社員に気配りをしたり、社内の環境にも気を配るようにしてくださいと言われました。

たとえば石鹸が切れていたらそのまま放置するのではなく補充したりですとか、そういったことみたいです。

僕はそれを聞いてこう思いました。

「社会人」には色々と自分の評価を上げる要素があって、ゲームみたいだなあって。

ゲームの中で細かいクエストをこなすみたいなイメージです。

僕もゲーム感覚で会社の環境に気配りして、石鹸変えたりして、クエストポイントをためてそれが一定のところまできたらいつもより高いチョコのお菓子でもクエスト報酬で買おうかなと空想しました。

環境への気配りはゲーム感覚でしてみたいですが、他の社員への気配りは人間愛あってのことなのでそういう見方はしません。あしからず。

 

そうやって上司から部下は評価されるのかあ、一つまた社会を知ったぞお、と思いました。

 

あと技術に関してですが。

「うちの会社には〇〇が強い人もいれば、〇〇に詳しい人もいるし、デザインがよく出来る人もいる」と取締役が言っていました。

つまり、これから実際開発することになったら、僕としての個性や強みを磨いていって欲しいという話です。

僕が(なるほど・・・デザインか・・・デザインに秀でてる人もいるのか・・・デザイン、何か僕の将来に結び付くのだろうか・・・)と考えていると、取締役が

「・・・まあ、〇〇さん(僕)はある意味個性強いんですけれどねw」と笑いながら言っていました。

僕は(会社では個性薄くしてるはずなのに・・・何故知られているんだ?)と焦りました。なぜ僕の正体がバレている?

まあ、僕としては僕の個性は薄いんですけれども、昔からなぜか個性的とか個性が強いと言われます。理由はわかりません。

とにかくその話をきいて、素直に自分の強みが何か技術的に欲しいなと思いました。

 

「最後に質問はありませんか」と聞かれました。

そこで僕は「あああ、あの・・・こ、こからは、どやって出ればいいですか・・・?」

と訊きました。

つまり、マナーの話です。(言葉遣いや立ち振る舞いを上司から注意されたので)

 

(こんなこと聞いても大丈夫なのかな?でも実際僕知らないし・・・)とおそるおそる聞いたのですが、社長はノリノリで教えてくれました。

(社長は結構そういうのを尊重するタイプなので、ちゃんと教えてくれた)

「こうやってノックして・・・失礼します、と言って入って・・・」

という風に教えてくれました。

「就職活動で教えてもらったから知ってるかもしれないですけど・・・」

と言いながら色々教えてくれたので、

「いえ・・・教わってません」と言いました。

今思い返すと、就活時に一切立ち振る舞いやマナーの練習をしていませんでした。

(なんでしなかったのだろう?)と一瞬思いましたが、

まあ、そういうことをしていたら私ではないよなあ・・・と冷静に思いました。

 

取締役は「上座」について教えてくれました。

取締役本人含めた上司たちは皆「上座」の講座が始まると、ニヤニヤしていました。

 

上座」は僕は以前秋葉原のお兄さんからも少し教わりました。

秋葉原のお兄さんは、新卒で入社した時にそういったマナー研修を受けたらしく、

そのことを僕にニヤニヤしながら教えてくれました。

なんで「上座」の話をすると、みんなニヤニヤするのでしょうか・・・僕も上司たちから教わりながら、笑っていたと思います。

お客さんには、ドアから遠い席に座ってもらうそうです。

「でも、あんな隅っこは駄目だよw」と言われました。何事も加減みたいです。

 

色々と社会人のマナーを教わった後、僕は面談の会議室から退席しました。

社長から教わったやり方で「失礼しました」と言って頭を下げて部屋から抜けるのは、なんだかとても恥ずかしかったです。

みんな(教わったことを早速やっている・・・!)という感じで、少しニヤニヤしていたのですから。

僕もちょっとニヤニヤしていたと思います。

 

ああ、今日は「面談」という特報があったので、1時間も書くのにかかってしまった・・・。でも、正直まだ書き足りません。

書き足らないけれど、早く寝て明日の集中力を高くしないと、本当にクビになってしまうので・・・。

 

それでは、みなさんおやすみなさい。

・・・・失礼しました!(ガチャコン!)←※早速教わったことを使っている。