読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新卒エンジニアお仕事日記

一人称は俺だけど女です

30日目

今日は30日目だ。

 

もう俺は既にとっくに眠いのだが。

ちょうど一か月が経った節目なのできちんと日記に向かおう。

 

昨夜・・・俺は仕事が終わった後、傷心を癒すように家で漫画を描いた。

描いたシーンは、高校2年生の俺がゼロの状態から勉強をして大学に進学しようと決意するところだった。

 

俺はよく仕事のことで泣いている。自分の出来が悪いからだ。

キツく言われるとしんどいからだ。出来ない自分が嫌で嫌で嫌でいつも泣くのだ。

 

そして、俺は昔からそうだった。

底辺高校でbe動詞すら全くわからない状態から勉強を始めたとき、俺は何度も何度も泣いた。きっと、数えきれないほど泣いたと思う。

姉からも「〇〇はよく泣くから教えるのヤダ」と言われ、優等生で勉強ならなんでも知っていた彼女から教わることは無かった。

 

でも俺は超遠回りし大変非効率な方法ながらも勉強を続け、英語と現代文と日本史を偏差値30から60以上にまで伸ばしたのだ。

(俺の勉強は超非効率で、よくあるやってはいけない勉強の仕方〇選みたいなのをコンプリートしていたと思う。それだけ周りにアドバイスをくれる人がいなかった。あれ?でも当時の俺の恋人って東大目指してたよな・・・・おかしいな・・・・まあ俺が聞かなかっただけか・・・。)

ちなみに俺の高校は模試が存在しないし、模試のことを誰も知らない。

誰も英単語帳を持っていないし、誰もセンター試験を受けない。

 

俺は泣く日々を経てああなったのだ。

だから、今仕事で泣くことが多くても、俺はあの日々を思い返し、仕事を無計画に放り投げたりはしない。

(しかし、完全に自分の精神に不安が無いわけではない。俺の精神はちゃんともつかどうか。俺だってやっぱり常に何かしら不安だ。)

 

そもそも、俺には未来でやりたい事がある。

そのためにこの業界で働くことにした。

だから自分の頭が悪くて出来が悪くて上司からキツいことを言われて泣いて辛くても、

冗談でツイッターに「早く結婚して専業主婦になりたーい」なんてことは書かないのだ。

 

そりゃあ俺だって凄く辛い日は本当に辛いし、普通に死にたいと思うが・・・。

でも、そういうのはちょっと違う。

というかそもそも、自分だけラクして専業主婦やりたいだなんて、旦那ばかりが働いていたら可哀想だと思う。そういう夫婦関係があってよいのだろうか。俺は真剣にそう思う。だからそういう無責任な事は書かない。

俺にはやりたいことがあるのだし・・・俺が今のこの状況を完全に放棄した瞬間、俺のそのやりたいことの未来は閉じられるだろう。

それこそなんの為に生きているのかが見えなくなり、俺は真に絶望するだろう。

 

今日はまあ・・・・頑張りを認められたりもしたけど、相変わらずキツく言われたりもした。

でも、それがなんだっていうんだろう。

確かに辛いし、キツく言われるのは本当に嫌だ。周りの目も気になる。

でも、ちゃんと寝て、仕事に集中出来れば、あとはどうでもいいことのようにも思える。

あの場所は修行の場所だと思う。

 

・・・・まあ今日は睡眠に失敗して、日中眠くて困った。

俺は眠いと簡単なコードさえわからず、上司からキツく言われることとなる。だから今日は頑張って早く寝よう。そして、ちゃんと風呂にも入ろう。

(俺は最近睡眠がうまくいなかないので、毎日風呂に入らず、2日に1回とかになっている。)

 

本当は今日はもっと早く寝たかったのだが・・・仕事終わり、エンジニアの友人がご飯に誘ってくれた。

俺は疲れていていた。彼も疲れていた。

俺が眠いというと、彼も眠いと言った。

俺は「いいなあ~、お前はエンジニア向いてるからさ。会社で最初っから結構評価されてていいよなあ~」と言った。

彼は「ハハハ、そんなことないよ」と返した。

 

俺は彼の評価されっぷりをいいなあと思う。

でも、俺がこれだけ傷ついて、精神の負担を抱えながら出勤していたりするのを、日記を通して見る誰かが、共感したり自分も頑張ろうと思えるのだったら、この俺の無能さや苦悩さにも何か意味があると思うのだ。

 

俺は何かを創作する上で「単純にキラキラして恵まれた存在」として俺や何かを描こうとは思わない。

そんなものを誰かに発信したところで、意味は無い。

そんなことはアイドルとかがやることだ。俺はアイドルでは無い。

俺がやるべきことは、自分の恥ずかしさを全て吐き出し、自分の駄目なところ、どうしようもないところ、バカなところ、でも諦めず頑張り続けるところを見せることなのである。

 

毎日キラキラしていて、恵まれたような人間の文章や絵を誰が見たいと思うか。

あるいは、本当は辛いことがあるのだけれど、それを無いように振舞い、キラキラぶっている人間の薄っぺらなものを・・・・・。

 

まあとにかく俺は、俺の創るものには弱さや恥ずかしさを出せるだけ出していきたい次第だ。

 

・・・・ああ、今日も日が沈んだよ。

そして明日も太陽は昇る。

 

俺は一日一日何かを噛みしめながら生きていくわけだが、そんな俺は5年後10年後どうなっていることだろう。

 

・・・・ああ、やっぱり眠い。

俺は明日も色々キツく言われるんだろう。もしかしたら、また泣くかもしれない。

それにまだ試用期間だから、正式な正社員登用がされずクビになる可能性だってあるのだ。

でも俺は何があっても自殺せず、俺の恥ずかしさや弱さを認め、それを人に隠さず生きていこう。

 

この日記が一つの証明である。